この記事の所要時間: 927

mental


【この記事の内容がわかる1分まとめ】
この記事のキーワード
サラリーマン・不労所得・マインド・メンタルブロック
この記事で取り扱う問題提起(テーマ)
サラリーマンは労働所得以外の稼ぎ方を考えないマインドに偏っているため、いつまでたっても経済的・金銭的に充足しづらい
解決策(結論)
マインドセットを入れ替えて、メンタルブロックを取り除き、不労所得について真剣に向き合うこと




サラリーマンは労働所得以外の稼ぎ方を考えないマインドに偏っているため、いつまでたっても経済的・金銭的に充足しづらい

このサイトに辿り着いたサラリーマンの皆様に、こんな質問をしたら、なんと答えるでしょうか?

あなたは、経済的・金銭的に充実していますか?


リアルな世界でこんなことを友達から言われた日には、少しイラっとしてしまうかもしれませんね。


ただ、内容の本質としてはどうでしょうか?


何を以って「充実」と言うのか、という定義的な問題はあるかもしれませんが、「足りてますか?」「十分ですか?」と聞かれれば、きっと多くのサラリーマンが、「足りていない」「不十分」と答えるのではないかと思います。


言い換えると、足りていないというニュアンスよりは、「もっと欲しい」という方が近いかもしれません。


お金が足りない、もしくはもっと必要と考える理由はいくつか挙げられると思いますが、
  • 勤務先の会社で昇給するかどうかの確実な約束がない
  • 勤務先の会社の業績が芳しく無く給料カットやボーナスカット、最悪リストラの可能性がある
  • 年金もどうなるかわからない中、将来・老後に対する漠然とした金銭面の不安
  • ブラック企業で働いている時間の割にもらっている給料が少ない

  • とか、こういった理由が上げられますが、よく考えてみてください!


    これらの「経済的・金銭的な充足が足りていない理由」は、実は、全て「労働所得という稼ぎ方しか知らない」ということにより発生しているのです。





    労働所得以外のお金の稼ぎ方を知ることが最初の第一歩

    いつまでたってもサラリーマンに金銭的充足が生まれない原因は、そもそも所得・収入を得る(=お金を稼ぐ)ための手段を、たった一つしか持っていないからです。

    (だって、同じサラリーマンの中で見ても旦那さんが一人で働いて給与を稼いで暮らすよりも、夫婦共働きで2つのラインでお金を稼いで暮らす方が収入の入り口が1つしか安心じゃないでしょうか?)


    そして、さらに悪いことに、サラリーマンの稼ぎ方の仕組みというのは、一部の成果報酬型の営業マンなどの特別な給与体系の人を覗いて、「スーパー労働集約型」の稼ぎ方であるということが、サラリーマンを金銭的に豊かにしない大きな原因であるのです。



    労働集約型の働き方というのは、「実際に労働として稼働しなければ収益が生まれない稼ぎ方」のことを言います。(スーパーというのは、ボクが勝手につけました。)

    労働集約型の働き方の例としては、給与をもらう人に限って言うと、時給や月給でお金をもらうという働き方のことを指します。(稼働時間=賃金発生という構図)

    なので、裏を返すと、時給や月給なので、風邪で休んだり用事で早退をしたりすると、労働をしていない時間が発生するため、その時間には原則賃金が発生しないこととなります。



    この状態を別の言葉で言い換えると、「実際に労働をし続けなければ給料が途切れてしまう稼ぎ方」と言えるでしょう。

    労働をしなければ収益が生まれない、そしてその労働をし続けなければ給料は入ってこなくなってしまう。



    これが意味するのっで、自分の時間を切り売りして、その対価をもらうことであり、自分の時間とは自分の大切な人生の一部分です。

    ということは、大げさなように聞こえるかもしれませんが、労働所得しか持たないということは、自分の人生を売ってお金に替えることと等しいということです。




    だからまずは、金銭的に充実させたければ、もっと言うと人生を充実させたければ、労働所得という稼ぎ方しか知らなかった、見えていなかったという事実を確認する必要があるのです。





    マインドセットを入れ替えて、メンタルブロックを取り除き、不労所得について真剣に向き合う方法

    労働所得以外の稼ぎ方を知ること、つまり、それは不労所得という稼ぎ方を知るということに他なりません。

    「不労所得」という言葉を聞い、サラリーマンのあなたは、どう感じるでしょうか?


    おそらく、
  • 怪しい
  • 胡散臭い
  • 不謹慎
  • そんなうまい話はない

  • とか、そんな感想が浮かぶのではないかと思います。



    それこそが、働けど働けどお金を稼げないサラリーマンと働かなくてもお金を稼ぐことが出来る資産家との大きな違いなのです。



    なぜサラリーマンは不労所得を得ないで労働所得ばかり追い求めるのか

    サラリーマンがあくあせく労働をする対価として少ない給料を稼ぐ一方で、労働をすることなく遊んでいても寝ていてもお金が入る仕組みを持っている資産家の大きな違いとは何でしょうか。

    その違いについて説明していきます。

    それは、
  • メンタルブロックの存在
  • 日本の奴隷を生むための教育

  • この2つです。


    メンタルブロックの存在

    まず一つ目は、メンタルブロックの存在です。

    メンタルブロックとは、簡単に言うと、人間が何か行動をしようとするときに、「無理だ」「出来ない」とその行動やめさせるような「思い込み」のことです。

    「不労所得を得るなんて無理だ」「ネットで見ると稼げない人がたくさんいるらしいから自分には出来っこない」「元になる知識もお金もないから難しそうだ」というのは全て思い込みです。

    無理そうだ、難しそうだとやらない理由を探す前に、ゴール・目標を設定して、そのゴールにたどり着くための方法はしっかりリサーチしましたか?

    やらない理由を探して、やらないで終わるのは簡単ですが、それではいつまでたっても貧乏サラリーマンです。

    逆に、お金を稼ぐということに仮にフォーカスして言うと、「いくら稼ぎたいか」というゴールを設定して、そのための方法を頭から煙が出るほど調べて、考えてみたでしょうか?

    この行動が出来るか出来ないかの違いは、このメンタルブロックによるところで、最初から諦めベースで考え始めるのか、どうやったら達成できるかという実現ベースで考えるかの、思考の出発点の差なのです。



    日本の奴隷を生むための教育

    そして2つ目は、今まで受けてきた教育です。

    安い賃金で、長い労働時間でも文句を言わず一生懸命働いてくれる奴隷を育てるのに適した教育がなされた結果、今のブラック企業社会が保たれているのではないでしょうか。
    政治的なことをどうこういうつもりはないですが、現状、そのような奴隷会社員がたくさんいる以上、一種のマインドコントロールを、長年の教育にわたってされてきている状態とも言えるでしょう。

    そのような教育の中で、とりわけお金や稼ぐというについては、「お金は汚いもの」「働くことが美しい」「楽をしてお金を稼ぐことは卑しいこと」こういった価値観による教育が小さいときからなされているのが日本の教育システムなので、当然といえば当然かと思いますが、教育や多くの大人たちが言う、これらの言葉は、本当にそうでしょうか?


    お金は汚いと言いつつ、当の自分たちだって生活でお金を稼ぎ、お金を使いますし、働くことは確かに美しいかもしれませんが、他の稼ぎ方を否定する理由にはなりません。楽をしてお金を稼ぐことが出来るスキルがあるのであれば、それはどこかに価値を生み出したことにより対価を発生させたということで、むしろ賞賛に値するのではないでしょうか。


    我々は気づくべきです。

    お金を稼ぐ方法は、働くことが唯一無二の方法ではない、ということを。



    マインドセットを入れ替える

    メンタルブロック、教育、これらが、日本の貧困サラリーマンを生んできている原因ということでしたが、安心してください、しっかり情報を集めて、考えて、実践すれば必ずあなたも不労所得を得て幸せな人生をデザインすることが出来ると信じています。


    人生を無駄にする生き方から脱却するためにまずすべきこと、それはマインドセットを入れ替えることです。

    メンタルブロック・教育、どちらも外部から埋め込まれた、あなたの「考え方」に関する問題です。

    だから、一度、フラットな状態に考え方をリセットしてみましょう。

    このサイトを見にきていただいているくらいなので、きっと人生やお金の稼ぎ方に不満や不安があって、なんとかしたいと思っているところであると思います。

    その気持があれば、これからの生き方を好転させてることはいくらだって可能です。


    マインドセットを入れ替え、不労所得を得るためにすべき最初のステップは、
    ①事実を振り返る(自分の今までの生き方や思考プロセスに前述のメンタルブロックや日本の奴隷教育による影響がなかったか)
    ②事実を認識する(考え方に偏りがあったという事実を客観的に認識する)

    これで十分です。


    考え方に思い込みや偏りがあったことを認識すれば、あとは今後そうならないように気をつけて、下記のことを実践していきましょう。
    ③ゴール・目標を設定する(月収いくら稼ぎたいか、など)
    ④ゴール達成のための方法を考える(月収○○万円を達成するには、どういう状態になる必要があるか)


    ここまですると、嫌でも気づくはずです。

    不労所得という手段は、あなたの人生を豊かにするために絶対に必要であるということを。




    収入の稼ぎ口を複数持つという発想

    最後に、誤解なきように、補足しておくと、ボクは、「働くということが悪だ」とか「働くことは意味のないこと、ダサいこと」とか、そんなふうには思っていません。現に、ボクは今、働かなくても収入が入ってきて生きていける仕組みになっていますが、だからといって働くということをやめていません。それは、社会貢献とか、人とのつながりとか、自分のスキルアップとか、働くことで得られる喜びが大きいからです。

    ただ、確実に言えることは、働いて稼ぐこと、働かないで稼ぐことのどちらか1つを選ばなければならないわけではない、ということです。

    複数の収入の入り口を作って、その上で、自分が本来集中して時間を注ぎたいことに注力するのが良い人生であると思います。



    投資家マインドを得て不労所得を得るための一歩を踏み出そう


    この記事で説明してきたように、お金を稼ぐことを真剣に捉え、労働によらない不労所得を得るための手段を含めて、収入の入り口を複数作ること、これが自分の人生をデザインするためにかかせない必要事項であると、ボクは思います。

    そのための必要な情報は随時、このページでもシェアしていきますので、他の記事も見てみてください!少しでもあなたのお役に立てれば!

    The following two tabs change content below.
    むにゃ丸

    むにゃ丸

    筆者:むにゃ丸 北海道札幌市在住。 30代前半、弱小個人事業主。 20代半ばから投資運用をはじめ、現在、事業による収入とは別に、不労所得月収30万円以上を確保。 (特に関心の強い分野は、暗号通貨・仮想通貨・資産運用) お金という制約により制限されないで、「生きたい人生を生きる」をモットーに、日々邁進中。 夢は、日本での仕事のことは気にせず、世界一周冒険アドベンチャーの旅。