この記事の所要時間: 945

money


【この記事の内容がわかる1分まとめ】
この記事のキーワード
サラリーマン・不労所得・月収30万円・方法
この記事で取り扱う問題提起(テーマ)
サラリーマンはポジティブに生きてる人が少ないが、その理由は金銭と時間の不足感
解決策(結論)
著者が月収30万円の不労所得を得ることになった方法を公開







サラリーマンこそ不労所得を稼ぐべき

ボクは現在はサラリーマンではありませんが、当然サラリーマンをやっていた時代もありましたし、サラリーマン時代の同僚や友人たちがどんなことを考えて汗水たらして働いて、お金を稼ぎ、人生を過ごしているかという声も聞いてきました。

ただし、残念なのは、サラリーマン人生を過ごす人の中に、ポジティブに、前向に生きることが出来ている人が少ないというのが現実であると思います。


それはなぜでしょうか?


ボクが考察するに、それはお金や稼ぎが原因となっていることが非常に多いように思われます。

  • 勤め先がブラック企業で、自分の時間や家族との時間などのプライベートな時間が一切とれない
  • 給料・稼ぎが悪くて本来自分がやりたいことをするためのお金がない

こういう声が多いです。


(時間とお金との関係は、ボクが「月収30万円の不労所得で人生をデザインする」を作った理由でも少し書いていますので、そちらをご覧ください。)





人生をデザインするために、すなわち、「自分の生きたい人生を生きる」ためには、大なり小なり「お金を稼ぐ」ということが必要であり、お金を稼ぐことで、自分の時間を確保できるようになっていくと考えています。


そしてお金を稼ぐ手段としては、

  • 労働所得…自分が働くことにより収入を稼ぐ方法(=労働時間と収入が比例する)
  • (例:サラリーマンの給与、アルバイト・パートの時給、請負・業務委託の仕事、内職など)

  • 不労所得…自分が働くことなく収入を稼ぐ方法(=労働時間と収入は関係ない)
  • (例:資産運用、不動産投資、金融商品への投資、FX、アフィリエイト、仮想通貨投資など)


という2つの性質の収入形態がありますが、これは絶対的に不労所得を稼ぐ方法を自分の中に持っておくべきです。


何故なら、不労所得という自分が労働しなくても入ってくる収入の仕組みを持つことにより、お金を稼ぎながら自分の時間を確保することができます。

確保できた自分の時間を使って、自分が本当に過ごしたい人生を作ればよいのです。

その時間の中で、労働をしたければ労働活動をすれば良いですし、南の島でのんびりしたければそれで良いですし、生活資金が約束された上で本来リスクのある起業をしても良いですし、とにかく「働かなくても生きていける(食っていける)」という状況を創りだしてしまえば、あとは好きなように、少なくとも生きていいくためのお金を稼がなければならないということに縛られることなく、生きていくことができるのです。



月収30万円の不労所得を得た方法

さて、普段周りのサラリーマンをやっている友人には黙っていますが、ボクが月収30万円の不労所得を稼ぐことが出来るようになった方法は、ズバリ「投資・資産運用」です。


おっと、ちょっと待って下さい。


投資とか言うと、だいたい、サラリーマンからはこんな感想が返ってきます。

  • ①投資や資産運用はリスクが高くて、怖い
  • ②投資には興味があるけど、そもそも投資をするための原資(元金)がない
  • ③投資には興味があるし、原資もあるけど、良い運用先がわからない
  • ④働かないでお金を稼ぐことに嫌悪感がある、お金を稼ぐということに抵抗がある

それぞれちょっとだけ解説していくと、


①投資や資産運用はリスクが高くて、怖い
労働所得と比べると、それは確かにリスクがあります。

労働所得は働く時間を費やした分だけ稼ぎはありますし、あるいは、決められた月収を下回ったり、収入がマイナスになったりすることは通常ありません。

それに対して、投資や運用は、元金が無くなってしまったり、目減りしたり、もしくは全然増えないという可能性は確かにあります。

ただし、投資案件を分散させてリスクヘッジしたり、もしくは優良な投資先を確保することにより、そのリスクはある程度コントロールすることが出来ます。


②投資には興味があるけど、そもそも投資をするための原資(元金)がない
投資とは、資本を投下することです。

つまり、一定の元になるお金がなければ意味がないということ。そして、その元になるお金を作ること自体が大変なんだよ!というお声ですね、これはごもっとも。

しかし安心して下さい、投資をすることは最終的なロードマップですが、そのための原資作りのための情報こそ、サラリーマンにとって必要とされる情報であると思いますので、そのための情報をどんどんこのサイトシェアしていきます。


③投資には興味があるし、原資もあるけど、良い運用先がわからない
原資が出来たら、いざどこに投資するかということですが、銀行の定期預金の利率ですら、良くて0.01%とかですね。(これって、100万円預けても、1年間でたったの100円です。アンビリーバボー。)

そんな調子だったら、いったいいくらの原資を稼げば良いんだ!ということになってしまいますが、ここも安心してください。

みなさんが投資運用のための原資を稼げた暁に、次に辿るべき運用に関する案件もご紹介することができますから。
(月次2%とか3%の利益が出る運用案件もあったりします。…※年じゃないですよ、毎月ですよ!)


④働かないでお金を稼ぐことに嫌悪感がある、お金を稼ぐということに抵抗がある
日本の教育で育つと、こうなることが多いです、というか、こうなるように仕組まれた教育体制になっておりますので。

このあたりは個人の価値観の問題にもなってきますので、もし お金を稼ぐことに抵抗感がある方については…残念ですが、そのまま労働所得を得ることを頑張っていただければと思います。
(それがその人の幸せであるなら、大いに結構なことであると思います。)

ただ、そうではないサラリーマンの方々については、このサイトで公開する情報をもとに、一緒に不労所得を増やしていければと思います!





ということで、投資とか資産運用とか、自分には関係ないとか、リスクが怖いとか、自分には難しそうとか、そういう捉え方をするサラリーマンが非常に多いですが、それはきちんと情報を自分の中に落とし込んだうえで判断してみてください。

そして、そのための情報提供は、このサイトでどんどんシェアさせていただきます!




なにもいきなり、「自分の持っている全財産を、ぽしゃってしまうかもしれない投資運用にぶっこみましょう!」という暴論を言うつもりはありません。

あくまでも、投資や資産運用というのは、そこにぶちこむ原資を作ったあとの、安定的な不労所得を得るための「手段」という捉え方ですから、当然、その原資を作るための方法についてもフォーカスして、このサイトで皆さんに情報提供していきますからね!





現在のポートフォリオ

ということで、ボクの現在の不労所得に関する資産状況はこんな感じになっています。

平成28年8月18日現在の資産状況

保有している運用資産には大きく分けて2つの種類があります。

それは、月次運用資産と単発運用資産です。(便宜的に名前をつけて区別)

それぞれの資産の種類の説明と一緒に、現時点でのボクの資産運用状況を公開します。



月次運用資産

月次運用資産とは
読んで時のごとく、毎月、何らかの形で収益が自分のサイフに入ってくる類いの資産、或いは収入の形式です。

言ってしまえば、サラリーマンにとっての月収にあたる部分です。

(そして重要なのは、限りある時間を費やして労働として働いた対価として得るものではなく、一度築きあげてしまえば、それ以降は自分の労働の提供を必要とせず、毎月毎月継続して収入を運んでくれるものとなります。広い意味で言えば、「不労所得」ということになります。)


現在の保有状況
・某個人投資案件(月利3%) 元金3,000,000円 → 月利 90,000円
・某会員権(月利2%) 元金1,000,000円 → 月利20,000円(固定)
・某会員権(月利2%~4%程度) 元金5,400,000円 → 月利200,000円(月により変動)

合計:月収310,000円(31万円)


※詳細な運用先を記載していないのは、ごめんなさい。個人の運用元に対する案件も含まれていて、ネットでは簡単に公開できないものが入っているからです。
ただ、安心してください。具体的な詳細案件は、このサイトの中で出来るだけ公開していきますから!
そして、重要なのは現時点で「何に投資するか」ではありません!その理由は、このページを最後まで読んでいただきたいと思います。



単発運用資産

単発運用資産とは
こちらも読んで時のごとくですが、毎月継続するものではなく、1回収益が出たらそれで終わりのタイプの運用資産です。

現在までの運用結果
・仮想通貨投資(Ethereumu) 元金270,000円 → 4,700,000円 (約17倍・回収期間約1年9ヶ月)
・海外上場株式 元金1,000,000円 → 2,800,000円 (約2.8倍・回収期間約1年)

このあたりが大きい部分です。もちろん、まだ投資中の寝かせている案件もたくさんあります。


※仮想通貨とか海外株式とか、そういう説明は別の記事にて!


つまり運用資金があれば月次運用はいくらでもできる

あれ?

ここまで見ていただいて、目聡い人であれば、こんなふうに思ったかもしれません。



月次運用資産の元金の合計が940万円になっているけど、そのお金を稼ぐのが難しいから困ってるんだよ!

そんな金貯めるのが簡単だったらそもそもこんなサイトに来てないわボケ! と。



でも、安心してください!


ここで言いたいのは、「お金を持っている人が、よりお金を稼ぐ仕組みになっているのが経済社会である」ということです。


あれれ?サラリーマンでも大丈夫って言ってるのに、金持ちじゃないとお金増やせないんかい!なんて言わないで下さい。


だから、大事なのは、より「お金を持っている」側になるための方法が必要で、そのための方法が


短期的なお金を稼ぐ → 毎月継続して収入を稼げる投資をする(不労所得) → 定期的な収入でより原資を作ることが出来る → 次の不労所得への投資 → お金がお金を生むプラスのスパイラル



この流れを作ることこそが、サラリーマンが、働くことに縛られず、通常の生活を維持していくために必要な月収30万円の不労所得を稼ぎ出し、お金や働くことに縛られることなく、自分の人生をデザインするために必要な第一歩であるのです。


そしてそのための情報をこのサイトでどんどん提供させていただき、明るい未来にしたいというのがボクの想いであるのです。



The following two tabs change content below.
むにゃ丸

むにゃ丸

筆者:むにゃ丸 北海道札幌市在住。 30代前半、弱小個人事業主。 20代半ばから投資運用をはじめ、現在、事業による収入とは別に、不労所得月収30万円以上を確保。 (特に関心の強い分野は、暗号通貨・仮想通貨・資産運用) お金という制約により制限されないで、「生きたい人生を生きる」をモットーに、日々邁進中。 夢は、日本での仕事のことは気にせず、世界一周冒険アドベンチャーの旅。