この記事の所要時間: 714

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin



【この記事の内容がわかる1分まとめ】
この記事のキーワード
Bitcoin(ビットコイン)の売買・取引・ウォレット、coincheck(コインチェック)、暗号通貨・仮想通貨、日本語対応・初心者
この記事で取り扱う問題提起(テーマ)
Bitcoin(ビットコイン)などの暗号通貨・仮想通貨に興味はあるけど敷居が高くてどう初めて良いかわからない。どうやって購入できるのかわからない。
解決策(結論)
日本語対応、日本企業(レジュプレス株式会社)が運営のcoincheck(コインチェック)に登録をすれば簡単に仮想通貨を購入することが出来、スムーズに仮想通貨デビューが可能です!





Bitcoin(ビットコイン)を始めとする暗号通貨・仮想通貨ですが、実際にはMt.GOX(マウントゴックス)の破綻事件をきっかけに世にその名が知られることになり、正直あまり良い印象を持たいない方がまだまだ多いかと思います。

その一方で、暗号通貨・仮想通貨を使って投資を行い、資産を増やすような人たちも存在しているのは、事実であります

よくわからないものも、触りながら勉強していくうちに、使い方や儲け方がわかってきたりするものだと思います。


ここでは、Bitcoin(ビットコイン)や暗号通貨・仮想通貨について少しでも興味を持ち始めたけど、正直どうやって初めたら良いのかよくわからないという方向けに、Bitcoin(ビットコイン)を始めとする暗号通貨・仮想通貨の売買・取引・ウォレット機能のサービスを提供しているcoincheck(コインチェック)についてご紹介していきたいと思います。


暗号通貨・仮想通貨の売買・取引・ウォレット機能とは

Bitcoin(ビットコイン)を取り扱うということでいうと、大きく分けて、「販売所」「取引所」「ウォレット」という側面に分けられます。
また、上記のうち、どういった機能を持っているサービスなのかということに着目して、利用するサービス及びサービス会社を選んでいただければと思います。

販売所とは

販売所機能があるサービスを使うと、販売所が設定した金額で暗号通貨・仮想通貨を売ったり買ったりすることができます。

これは「取引所」に対する概念として存在しており、取引所では基本的に「相対」取引となるため、「この値段で売りたい人」と「この値段で買いたい人」の条件がマッチしないと決済されませんが、販売所は、販売所が決めた価格で売ったり買ったりできるため、購入や売却の申し込みをするだけで即時に決済されます。

ただし、一般取引所で出ている市場価格よりも少し割高になることが多いのが特徴です。


取引所とは

売買とは違い、相対(あいたい)での取引となるため、「この値段で売りたい人」と「この値段で買いたい人」の条件がマッチしないと、いつまでたっても購入・売却の決済はなされません。

外貨FXと同じ仕組みと理解すればよろしいかと思います。

暗号通貨・仮想通貨を取り扱っているところでは、この「取引所」機能として買いたい人と売りたい人の仲介をしているのか、「販売所」として直接販売所と売り買いのやりとりをするのかの違いがあり、どっちのサービス(もしくは両方のサービス)をやっているのかをきちんと確認した上で登録していただければと思います。


ウォレット機能とは

保有している暗号通貨・仮想通貨を保管しておく機能です。

銀行の預金口座のようなイメージでしょうか。

ちなみに、取引所に暗号通貨・仮想通貨を預けっぱなしにしておくのは、取引所がハッキング被害にあったときにお金が戻ってこなくなる可能性が高まるため、取引をしない間はきちんと自分のウォレットに引き上げておくよう注意しておきましょう。

(取引所に預けっぱなしというのは、証券会社やFX口座にお金を預けたままの状態のようなイメージです。預け先の会社がハッキングなどにあり、有り金が全部なくなった場合、補填のしようがないので、結果的に手元にお金が返ってこないというリスクがありますので、リスク管理はしっかりと。)


coincheck(コインチェック)とは

coincheckでできること


さて、ここでオススメするcoincheck(コインチェック)ですが、前述の3つの機能である、「販売所」「取引所」「ウォレット」の全てを兼ね揃えているサービスです。

coincheck(コインチェック)とは
  • 販売所サービス
  • 取引所サービス
  • ウォレットサービス

を兼ね揃えたBitcoin(ビットコイン)をはじめとする暗号通貨・仮想通貨を取り扱うためのサービスということになります。


coincheck(コインチェック)がオススメな理由


coincheck(コインチェック)がオススメな理由は、ズバリこんな感じです!

  • 1.日本語で使える
  • 2.販売所サービスがある
  • 3.主要な暗号通貨・仮想通貨を取り扱っている

1.日本語で使える

やはり我々日本人が何か先進的なサービスに手を出そうとしたときに障壁となるのが言語の壁ですが、レジュプレス株式会社という日本企業が運営するcoincheck(コインチェック)なら日本企業による日本語対応サービスなので、わかりやすいですし、安心です。
(※ちなみにレジュプレス株式会社とは、「ビリギャル」という本の出版のきっかけとなった「STORYS.JP」というサービスを展開している会社でもあります。)

2.販売所サービスがある

意外とこの要素も重要かと思うのですが、通常取引機能はあるけど販売所機能はないところが多いです。

販売所機能があるところだと、販売所提示の売買金額で納得すればすぐにその金額で決済がされるということです。一方、取引所機能しかないところだと、ユーザ同志の相対取引なので、価格が流動的になったり、売りたくても買い手がつかなくて売れないということが起こる可能性がある状態となります。

3.主要な暗号通貨・仮想通貨を取り扱っている

現在(H28.11.16現在)、coincheck(コインチェック)で取り扱われている仮想通貨は下記の通りで、結構主要な通貨を取り扱っています

  • Bitcoin(ビットコイン)/単位:BTC
  • Ethereum(イーサリアム)/単位:ETH
  • Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)/単位:ETC
  • Lisk(リスク)/単位:LSK
  • Factom(ファクトム)/単位:FCT:
  • Monero(モネロ)/単位:XMR
  • Augur(オーガー)/単位:REP
  • Ripple(リップル)/単位:XRP
  • Zcash(ジーキャッシュ)/単位:ZEC


coincheck(コインチェック)の登録方法について

coincheck(コインチェック)の登録費用・月額


coincheck(コインチェック)の利用自体には特に登録費用や月額維持手数料などは不要でございます。

(コインを買うためのデポジットとして入金するなどのお金の動きがありますが、このサービスを利用するための費用というのは特にありません。)


coincheck(コインチェック)の登録手順


coincheck(コインチェック)は日本語サイトで、本家サイトでも「日本で一番簡単にビットコインが買える取引所」と謳っているだけあって、登録も簡単です。登録は下記リンクからどうぞ。

coincheck(コインチェック)の簡単登録はこちらから

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


coincheck(コインチェック)の使い方


それぞれ、使用感のイメージとして、実際の画面をお見せしましょう。それぞれ、こんな感じでシンプルな構成となっています。


ビットコイン・仮想通貨を保管する(ウォレット)

coincheck3

現金でビットコイン・仮想通貨を買う(購入)

coincheck4

クレジットカードでビットコイン・仮想通貨を買う(購入)

coincheck5

ビットコイン・仮想通貨を売る(売却)

coincheck6

ウォレットに日本円を入金する(入金)

coincheck7

ウォレットから日本円を出金する(出金)

coincheck8

ビットコイン・仮想通貨を送る(送金)

coincheck9

ビットコイン・仮想通貨を受け取る(受取)

coincheck10

ビットコイン・暗号通貨でトレードをする(取引)

coincheck11

それでは皆さん一緒に、暗号通貨ライフを!

coincheck(コインチェック)の簡単登録はこちらから

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

The following two tabs change content below.
むにゃ丸

むにゃ丸

筆者:むにゃ丸 北海道札幌市在住。 30代前半、弱小個人事業主。 20代半ばから投資運用をはじめ、現在、事業による収入とは別に、不労所得月収30万円以上を確保。 (特に関心の強い分野は、暗号通貨・仮想通貨・資産運用) お金という制約により制限されないで、「生きたい人生を生きる」をモットーに、日々邁進中。 夢は、日本での仕事のことは気にせず、世界一周冒険アドベンチャーの旅。